油絵具

美術史・用語

油絵具の原材料や成分は何?素材を詳しく紹介!

油絵具の主な成分は、顔料、主媒剤(乾性油)、助剤です。顔料とは、色のついた小さな粒々のことです。乾性油は酸素と触れると固まる顔料を接着する接着剤のようなものです。これだけでも油絵具になります。助剤には、樹脂や蜜蝋、金属せっけんなどを加えることによってあの油絵具の独特の質感になります。詳しくは記事にて解説しています。

道具・画材

絵の具の黒の種類と違い。アイボリーブラック、ランプブラック、マースブラックなど

絵の具の黒色(ブラック)の主な種類は、アイボリーブラック、ランプブラック、マースブラック、そしてピーチブラックです。それぞれの違いや特徴はアイボリーブラックは、絵の具にすると温かく、半透明な色。ランプブラックは、冷たく、不透明な色。マースブラックは、最も透明感が高い色。ピーチブラックは、最も黒い黒絵の具です。

描き方

油絵具の白の種類と違い。【秘密のレシピ】も紹介!

油絵具の白の種類には、シルバーホワイト、チタニウムホワイト、ジンクホワイト、セラミックホワイトなどがあります。それぞれの違いは、白の強さ、色味、乾燥速度などがあります。秘密のレシピで作った白い油絵具はホワイトの効きもよく、乾燥が早くなる万能の白の油絵具を作ることができます。

描き方

油絵具の捨て方。チューブやオイルはどう処理するの?知らないと大変なことになります。

【記事必見】油絵具のチューブの捨て方はアルミニウムなので不燃ごみ、油絵具のオイルの捨て方はオイルをキッチンペーパーにしみこませて可燃ごみで捨てることができます。(ダメな場合があるので各自治体の指示に従ってください。)また、シルバーホワイトなどの鉛を含んだものは危険物となるのでそれぞれラベルを確認してください。

美術史・用語

油彩絵具の歴史と有名な絵画を紹介。

油彩絵具っていったい何なのか油彩絵具で描かれた油彩画っていったいどんなふうな特徴があるのか。皆さんご存知ですか。それらを詳しく解説・紹介をしています。油彩絵具に含まれている原材料いついても解説・紹介しています。他にも油彩絵具の歴史や油彩絵具を使用している作品も簡単に説明しています。

道具・画材

アキーラ(クサカベ)とデュオ(ホルベイン)の違いって何?

アキーラとデュオは一体どんな違いがるのでしょうか。
実はアキーラには○○が使用されており、デュオはあの絵具と一緒です。
両方とも似たような性質ですが、少し違うところもあります。それについても紹介している記事です。
アキーラ/AQYLAとデュオ/Duoの違いを知れば、もっと表現の幅が広がるので是非ご覧ください。