道具・画材

道具・画材

油絵具の茶色の種類と特徴。初心者にオススメの色も紹介。

油絵具の茶色の種類と特徴、初心者におすすめの色を紹介します。茶色の油絵具はどんな種類があるのか画材屋さんで店員さんに聞きづらいということからこの記事は生まれました。ローアンバー、バーントアンバー、ローシェンナ、バーントシェンナ、バンダイクブラウンの茶色の油絵具の違いも紹介しています。詳しくは記事にて!

道具・画材

油絵具の緑色の種類と特徴。初心者にオススメの色も紹介。

油絵具の緑色の種類と特徴、初心者におすすめの色を紹介します。緑色の油絵具はどんな種類があるのか画材屋さんで店員さんに聞きづらいということからこの記事は生まれました。ビリジャン、テールベルト、フタログリーン、パーマネントグリーンライト、オキサイドオブクロミウムの油絵具の違いも紹介しています。詳しくは記事にて!

道具・画材

油絵具の黄色の種類と特徴。初心者にオススメの色も紹介。

油絵具の黄色の種類と特徴、初心者におすすめの色を紹介します。黄色の油絵具はどんな種類があるのか画材屋さんで店員さんに聞きづらいということからこの記事は生まれました。カドミウム系のイエロー、イエローオーカー、レモンイエローポリアゾイエロー、ビスマスイエローなどの黄色の油絵具の違いも紹介しています。詳しくは記事にて!

道具・画材

油絵具の青色の種類と特徴。初心者にオススメの色も紹介。

油絵具の青色の種類と特徴、初心者におすすめの色を紹介します。青色の油絵具はどんな種類があるのか画材屋さんで店員さんに聞きづらいということからこの記事は生まれました。コバルトブルー、ウルトラマリンブルー、セルリアンブルー、プルシャンブルー、フタロブルーなどの青色の油絵具の違いも紹介しています。詳しくは記事にて!

道具・画材

油絵具の赤色の種類と特徴。初心者にオススメも紹介します。

油絵具の赤色の種類と特徴、初心者におすすめの色を紹介します。赤色の油絵具はどんな種類があるのか画材屋さんで店員さんに聞きづらいということからこの記事は生まれました。カドミウムレッド、ピロールレッド、バーミリオン、アリザリンクリムソン、クリムソンレーキなどの赤色の油絵具の違いも紹介しています。詳しくは記事にて!

道具・画材

キャンバスサイズ一覧表。布の素材やオススメの大きさも紹介

油絵やアクリルのキャンバスサイズは、F,P,M,Sの4つの種類があります。それぞれ比率が異なるものです。号が上がると、大きさが大きくなります。サイズの一覧表を確認してくださいね。おすすめのサイズはサムホールサイズと、Fサイズのものです。キャンバスの素材には麻、綿、化学繊維などがあります。

道具・画材

油絵具の毒性は?危険でヤバイ顔料と対処方法を紹介

油絵具で毒性がある危険なものは、シルバーホワイト、カドミウム系、コバルト系、バーミリオンなどがあります。他には揮発性油というものが体調不良を起こします。対処方法は汚れてもいい服装を着て、ゴム手袋をしたり、換気や油絵具がついたら手洗いなどの対処方法をしましょう。あなたは知っていましたか?詳しくは記事にて紹介しています。

道具・画材

油絵具の黒の種類と違い。アイボリーブラック、ランプブラック、マースブラックなど

絵の具の黒色(ブラック)の主な種類は、アイボリーブラック、ランプブラック、マースブラック、そしてピーチブラックです。それぞれの違いや特徴はアイボリーブラックは、絵の具にすると温かく、半透明な色。ランプブラックは、冷たく、不透明な色。マースブラックは、最も透明感が高い色。ピーチブラックは、最も黒い黒絵の具です。

描き方

油絵具の白の種類と違い。【秘密のレシピ】も紹介!

油絵具の白の種類には、シルバーホワイト、チタニウムホワイト、ジンクホワイト、セラミックホワイトなどがあります。それぞれの違いは、白の強さ、色味、乾燥速度などがあります。秘密のレシピで作った白い油絵具はホワイトの効きもよく、乾燥が早くなる万能の白の油絵具を作ることができます。

描き方

油絵具の捨て方。チューブやオイルはどう処理するの?知らないと大変なことになります。

【記事必見】油絵具のチューブの捨て方はアルミニウムなので不燃ごみ、油絵具のオイルの捨て方はオイルをキッチンペーパーにしみこませて可燃ごみで捨てることができます。(ダメな場合があるので各自治体の指示に従ってください。)また、シルバーホワイトなどの鉛を含んだものは危険物となるのでそれぞれラベルを確認してください。