道具・画材

油絵具の青色の種類と特徴。初心者にオススメの色も紹介。

油絵具の青色の種類と特徴、初心者におすすめの色を紹介します。青色の油絵具はどんな種類があるのか画材屋さんで店員さんに聞きづらいということからこの記事は生まれました。コバルトブルー、ウルトラマリンブルー、セルリアンブルー、プルシャンブルー、フタロブルーなどの青色の油絵具の違いも紹介しています。詳しくは記事にて!

道具・画材

油絵具の赤色の種類と特徴。初心者にオススメも紹介します。

油絵具の赤色の種類と特徴、初心者におすすめの色を紹介します。赤色の油絵具はどんな種類があるのか画材屋さんで店員さんに聞きづらいということからこの記事は生まれました。カドミウムレッド、ピロールレッド、バーミリオン、アリザリンクリムソン、クリムソンレーキなどの赤色の油絵具の違いも紹介しています。詳しくは記事にて!

美術史・用語

油絵で有名な絵画『オフィーリア』を紹介。彼女に起こった悲劇とは

油絵で有名な絵画作品『オフィーリア』はイギリスの画家ミレイが描いた作品です。作品の主人公であるオフィーリアは、シェイクスピアの文学作品『ハムレット』に登場するキャラクターであり、彼女の悲劇を描いたものです。彼女には一体どんな悲劇が待ち受けていたのでしょうか。ミレイが込めた絵に隠されたある悲しい【象徴】とは…

道具・画材

キャンバスサイズ一覧表。布の素材やオススメの大きさも紹介

油絵やアクリルのキャンバスサイズは、F,P,M,Sの4つの種類があります。それぞれ比率が異なるものです。号が上がると、大きさが大きくなります。サイズの一覧表を確認してくださいね。おすすめのサイズはサムホールサイズと、Fサイズのものです。キャンバスの素材には麻、綿、化学繊維などがあります。

美術史・用語

油絵の画家の職業病は何がある?知らないうちに中毒症状になっていた!?

油絵を描く画家たちの職業病。いったい何が原因なのか。「画家疝痛(せんつう)」と呼ばれる謎の頭痛やめまい吐き気。実は【油絵具のあれが原因】で、どんどん画家たちが倒れていきます。いったいあれとは何でしょうか・・・
知らないうちにあなたもなっているかもしれません。

道具・画材

油絵具の毒性は?危険でヤバイ顔料と対処方法を紹介

油絵具で毒性がある危険なものは、シルバーホワイト、カドミウム系、コバルト系、バーミリオンなどがあります。他には揮発性油というものが体調不良を起こします。対処方法は汚れてもいい服装を着て、ゴム手袋をしたり、換気や油絵具がついたら手洗いなどの対処方法をしましょう。あなたは知っていましたか?詳しくは記事にて紹介しています。

美術史・用語

油絵具の原材料や成分は何?素材を詳しく紹介!

油絵具の主な成分は、顔料、主媒剤(乾性油)、助剤です。顔料とは、色のついた小さな粒々のことです。乾性油は酸素と触れると固まる顔料を接着する接着剤のようなものです。これだけでも油絵具になります。助剤には、樹脂や蜜蝋、金属せっけんなどを加えることによってあの油絵具の独特の質感になります。詳しくは記事にて解説しています。

描き方

インプリマトゥーラのやり方。アクリル絵具の色やグリザイユとの違い

アクリル絵具でインプリマトゥーラをやるときは、まず初めに下絵を転写して、フェキサチーフを書けます。アクリル絵具の色はちょうどオリーブや栗まんじゅうのような色合いを作ります。グリザイユとインプリマトゥーラの違いは、グリザイユはグレーの色合いで描く技法のことで、インプリマトゥーラは、下地を有色にすることです。

道具・画材

油絵具の黒の種類と違い。アイボリーブラック、ランプブラック、マースブラックなど

絵の具の黒色(ブラック)の主な種類は、アイボリーブラック、ランプブラック、マースブラック、そしてピーチブラックです。それぞれの違いや特徴はアイボリーブラックは、絵の具にすると温かく、半透明な色。ランプブラックは、冷たく、不透明な色。マースブラックは、最も透明感が高い色。ピーチブラックは、最も黒い黒絵の具です。

描き方

油絵具の白の種類と違い。【秘密のレシピ】も紹介!

油絵具の白の種類には、シルバーホワイト、チタニウムホワイト、ジンクホワイト、セラミックホワイトなどがあります。それぞれの違いは、白の強さ、色味、乾燥速度などがあります。秘密のレシピで作った白い油絵具はホワイトの効きもよく、乾燥が早くなる万能の白の油絵具を作ることができます。