描き方

描き方

グリザイユ画法【保存版】。歴史や油絵、アクリルでの描き方などまとめ

【初心者必見!】グリザイユ・グリザイユ技法の歴史や意味、油絵具やアクリル絵具での描き方をまとめました。この記事を見れば、あなたもグリザイユマスターに!?絵がリアルに上手くならないとお悩みの人にも、この知識があれば絵をリアルに描くことができるかもしれません。詳しくは記事をご覧ください。

描き方

インプリマトゥーラのやり方。アクリル絵具の色やグリザイユとの違い

アクリル絵具でインプリマトゥーラをやるときは、まず初めに下絵を転写して、フェキサチーフを書けます。アクリル絵具の色はちょうどオリーブや栗まんじゅうのような色合いを作ります。グリザイユとインプリマトゥーラの違いは、グリザイユはグレーの色合いで描く技法のことで、インプリマトゥーラは、下地を有色にすることです。

描き方

油絵具の白の種類と違い。【秘密のレシピ】も紹介!

油絵具の白の種類には、シルバーホワイト、チタニウムホワイト、ジンクホワイト、セラミックホワイトなどがあります。それぞれの違いは、白の強さ、色味、乾燥速度などがあります。秘密のレシピで作った白い油絵具はホワイトの効きもよく、乾燥が早くなる万能の白の油絵具を作ることができます。

描き方

油絵具の捨て方。チューブやオイルはどう処理するの?知らないと大変なことになります。

【記事必見】油絵具のチューブの捨て方はアルミニウムなので不燃ごみ、油絵具のオイルの捨て方はオイルをキッチンペーパーにしみこませて可燃ごみで捨てることができます。(ダメな場合があるので各自治体の指示に従ってください。)また、シルバーホワイトなどの鉛を含んだものは危険物となるのでそれぞれラベルを確認してください。

描き方

油絵の描き方。リアルな花(バラ)の描き方を紹介。グリザイユ編

油絵でリアルな花を描く方法として、グリザイユ画法を使用した描き方を紹介します。初めに立体感をグリザイユで描いたのち、半透明の色を重ねていき、花(バラ)の色を付けていきます。その後調整しながら、全体をまとめて完成です。描き方やグリザイユの意味など【詳しくは記事にて紹介・解説】しています。