『ツイスト出産』の元ネタ・モデルを解説

『ツイスト出産』のモデル摩耶夫人像及び天人像

みなさんこんにちは、岩下 幸圓(イワシタ コウエン)です。今回はびじゅチューン!『ツイスト出産』のモデルを紹介したいと思います。

ツイストしている人や音楽隊を詳しく解説していきます。

それではよろしくお願いします。

『ツイスト出産』の元ネタ・モデル

引用元:ColBase
タイトル摩耶夫人及び天人像
(まやぶにんおよびてんにんぞう)
作者不詳
制作年7世紀奈良時代
材料/技法銅製鋳造鍍金
寸法高さ(摩耶夫人)16.5cm (天人)各11.5~13.0cm
所蔵東京国立博物館

『ツイスト出産』のモデルは『摩耶夫人及び天人像』です。

この作品はルンビニーの園で無憂樹(ムユウジュ)の花と枝を折ろうとすると釈迦が腋(わき)から誕生したという仏教の一場面を表現したものです。

ルンビニーの園、ムユウジュなどいろいろな単語が出てきましたね。

それぞれを釈迦出産までの物語と共に紹介していきます。

釈迦出産

摩耶夫人(まやぶにん)

摩耶夫人像 引用元:ColBase ※一部改変して使用

摩耶夫人は釈迦のお母さんです。

シャカ国と呼ばれる国の王女様です。

『ツイスト出産』では、「ひーひーふー」とブッダを産もうとしていましたね。

摩耶夫人像では右脇から釈迦、右手は無優樹(ムユウジュ)の枝を折ろうとしています。

足を踏ん張り、左手が衣を巻き込みながら、力いっぱい握っているのは、出産のために力んでいるのではないかと考えられます。

ルンビニーの園と無優樹

摩耶夫人はお産のために実家に帰る途中、ルンビニーの園で休憩をしました。

ルンビニーの園は現在のネパールの南部にある小さな村の広場のことです。

現存するルンビニーの園

そこでムユウジュの花と枝を取ろうとしたとき、右脇から釈迦が誕生しました。

ムユウジュはインドを代表する樹木のことで、乙女の恋をかなえたり、出産・誕生・結婚に関わる幸運の木と言われています。

無優樹(ムユウジュ)の木 引用元:株式会社滝本仏光堂

『ツイスト出産』では背景のオレンジ色のポンポンとして表現されていましたね。

釈迦

右脇から生まれた釈迦はすぐにたって、七歩歩き、右手で天を指し、左手で地を指しながら

「天上天下唯我独尊」(てんじょうてんげゆいがどくそん)と言い放ったと言います。

摩耶夫人像の右腋にくっついている釈迦は合掌をしています。

合掌する釈迦 引用元:ColBase ※一部改変して使用

天人たち

天人像 引用元:ColBase ※一部改変して使用

帝釈天や梵天が釈迦の誕生を祝って、良い香りの水を釈迦に持ってきました。

その水で釈迦の体を洗います。

天人像が右手に瓶を持っていますが、それにいい香りの水が入っていると考えられます。

良い香りの水が入った瓶 引用元:ColBase ※一部改変して使用

帝釈天は阿修羅と戦ったことでも有名ですね。

『ツイスト出産』のモデル・まとめ

『ツイスト出産』のモデル(元ネタ)は『摩耶夫人及び天人像』です。

摩耶夫人が釈迦を右腋から出産し、天人たちがそれを祝う様子が制作されています。

『ツイスト出産』の登場人物・小ネタ

登場人物

『ツイスト出産』では摩耶夫人・釈迦・天人たちが登場しました。

右下の人

右下の人は特定できませんでした。また後々仏教関連で探してみます・・・

関連動画

『ツイスト出産』の元ネタ・モデルを井上涼さんが見学しに行った動画が見られます。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です