PW1 鉛白(えんぱく、Lead White)

鉛白の基本情報

色の名前鉛白
英名Lead White
C.I.NamePW1
読み えんぱく
概要古くから、絵画や彫刻、化粧品(おしろい)などにも使用されていた。
系統色名Wt (白)
マンセル値2.5Y 9.2/0.5
webcolor#f6f7f8
RGBR(赤):246  G(緑):247  B(青):248
CMYKC(シアン):2  M(マゼンタ):1 Y(イエロー):0  K(ブラック):4

特徴

概要

鉛白(えんぱく、Lead white)は、白色顔料の中で重要なもののひとつです。

日本では「シルバーホワイト」という通称も使用されます。

透明感があり、単体で使用すると温かみのあるホワイトになります。

適当な着色力により混色で深みのある中間色を作るので、混色しやすいホワイトです。

古くから使用されていおり、レンブラント作『水浴する女』でも使用されています。

物質的な特徴

油絵具の乾燥促進

油絵絵具には顔料をつなぎとめる接着剤(媒材)として乾性油(かんせいゆ)という油が使用されています。

その油の乾燥(酸化重合)を促進させるので、乾燥しにくい油絵具(顔料)と混ぜて乾燥を早めるということができます。

強靭(きょうじん)な塗膜になる

鉛白を拡大すると、扁平体(平べったい形)の粒の形をしているので

レンガのように積み重なって乾燥するので、とても強い塗膜になります。

混色注意

硫黄化合物(PB29,ウルトラマリン)と混ぜると、黒変し青色が鈍くなるので、硫黄化合物系の顔料とは混色しないようにしてください。

基本的に各絵具メーカーが「硫黄化合物を含む」や注意を促すマークを設置しています。

毒性

鉛白には字のごとく鉛(なまり)が含まれているので、口に入れたり、鉛白を皮膚に付けたまま飲食をすると

長期的にみると鉛中毒になる危険性があります。

油絵具(特に鉛白)を使用した後は石鹸で手を洗いましょう。

油絵具にPW1(鉛白)使用しているメーカー

PW1(鉛白)を使用している主なメーカー(ホルベイン、クサカベ、松田)とその耐候性や、耐久力、通称などを掲載します。

ここでは、油絵具のみ紹介します。

ホルベイン

色名耐候性乾燥性透明性C.I.Name
シルバー ホワイト32日半不透明(HO)PW1
ファンデーション ホワイト32日半不透明(HO)PW1,6
ファンデーション グリニッシュ32日半不透明(HO)PG17 PW1,6
ファンデーション アンバー32日半不透明(HO)PBr7 PW1,6
ファンデーション グレイ32日半不透明(HO)PBk9 PW1,6

クサカベ

色名耐候性乾燥性透明性C.I.Name
シルバーホワイト32日半不透明(HO)PW1
ファンデーションホワイト32日半不透明(HO)PW1

マツダ

色名耐候性乾燥性透明性C.I.Name
シルバーホワイト安定した色不透明PW1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です