アキーラ(クサカベ)とデュオ(ホルベイン)の違いって何?

アキーラ(クサカベ)とデュオ(ホルベイン)が気になって調べてみると

両方とも「水で溶ける油絵具のようなタッチのもの」と書かれていました。

じゃあ、アキーラとデュオの違いって一体何なの?

と言うことで今回は、クサカベから発売されているアキーラ(クサカベ)とデュオ(ホルベイン)の違いについて紹介したいと思います。

それではよろしくお願いします。

アキーラ/AQYLAとデュオ/Duoの違い

アキーラ/AQYLA(クサカベ)

アキーラはクサカベから販売されている絵具です。

アキーラの中身を見てみると原材料には

  • 顔料(色のついた小さな粒)
  • 水性アルキド樹脂(顔料をつなげる接着剤)

が含まれています。

つまり、アキーラは水でも溶ける樹脂が接着剤として使用されています。

しかも、油にも溶けるので油絵具と一緒に混ぜて使用することもできます。

また、表面はアクリル絵具のようにすぐ乾き

中身は油絵具のようにゆっくり乾燥するので、片づけや修正がゆっくりできます。

アキーラ/AQYLAについて詳しく見る

デュオ/Duo(ホルベイン)

ではデュオはどうでしょうか。

デュオの原材料は

  • 顔料
  • 乾性油
  • 界面活性剤(かいめんかっせいざい)

と考えられます。

顔料+乾性油で油絵具になりますので、

油絵具に界面活性剤を加えた絵具と言えます。

界面活性剤とは本来混ざらない水と油を

混ざりやすくするために使用されるものです。

身近なものだと石鹸などの洗剤にも界面活性剤が入っています。

(油汚れが落ちるのは界面活性剤のおかげなんですね。)

なので、本来水に混ざらない油絵具が水にもなじめるように

界面活性剤を入れたのがこのデュオと言うことです。

しかし、本来は油絵具なので

普通の油絵具や油絵用の画用液を30%以上 混ぜると水では溶けなくなる

と言うことがあるので少し注意してくださいね。

デュオ/Duoについてさらに詳しく見る

アキーラとデュオの違いまとめ

アキーラとデュオの違いをまとめると以下のようになります。

アキーラとデュオの違いの表

最後までご覧いただきありがとうございました。

他にも絵に関する記事を記載していますので、そちらもよろしければご覧ください。

アクリル絵具って一体何?と言う方にはこの記事がおすすめです。

油絵具をマニアックに知りたい方はこちらの記事がおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です